牛乳パックを再利用した小物の種類

>

牛乳パックでおしゃれ小物を作るポイント

作る準備と必要な材料の確認

初めて牛乳パックを再利用したおしゃれな小物を作りたい方は、作る前に必要な準備と材料を確認します。
作りたいものによりますが、まずは牛乳パックについている独特のにおいをきれいに洗って乾かすところから始めるのがポイントです。

撥水機能があるミルクペイントを塗るだけで完成する種類は初心者に向いています。
小さなポットカバーやペン立ては塗装だけで仕上がるので作りやすいです。

好みの千代紙やレースペーパーをはるとトレーが完成します。
蓋がついているタイプより比較的に簡単に仕上げる事が可能です。

大人向けのおしゃれな小物の作り方がサイト等で紹介されているので参考になります。
事前に必要な材料をそろえておくとスムーズに作業が出来るのです。

凝ったデザインの小物

牛乳パックを最良したおしゃれな小物は、慣れてくるとかなり複雑なものが作れます。
六角形の入れ物は化粧台やデスクに置くと細かいものを整理するのに便利です。

余分な個所をカットしてペイントするだけのタイプより複雑になりますが、必要なパーツを作るとそれほど難しくないので、大人でも楽しめます。

工程や材料が増えますがクレヨンや蝋燭を用意して、カラフルなブロックキャンドルが作れるのがこの作業の特徴です。

一層ずつ好きな色のクレヨンを混ぜた蝋燭を溶かして、徐々に好きな高さまで重ねていきます。
牛乳パックを蝋燭の型として再利用するので、安い費用で自宅で手作りのおしゃれなキャンドルが作れるので試してみる価値があるのです。